土木業界に転職する際の注意点|ただ今ニーズは最高潮

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔の男性二人

コンテンツ

運転手になる

運転免許を取得しているのであれば、ドライバーの求人が最適です。タクシードライバーなどは短期間で必要な資格を取得することができるので、誰でも簡単に転職することができます。

詳細を読む

接客業の魅力

転職先として人気が高い業種の中に、接客業があります。接客業は未経験でも比較的簡単に就職することが出来る上に楽しく仕事が出来る場合が多いため、多くの人が接客業への就業を望んでいるのです。

詳細を読む

自分に合った仕事

転職をする際に最も大切なことは、自分の求める環境の職場を探すということです。仕事は長い間行なうことになるため、事前にしっかり情報を集めていい会社で働けるようにしましょう。

詳細を読む

注意点を把握する

注意すべき点について

建築・土木業界では非常に求人数が伸びています。その理由としては、アベノミクス効果が挙げられます。また、将来的にオリンピックが開催されるので、この業界の人材ニーズが非常に高まっているのです。さらに、採用する人材の年齢層も非常にさまざまです。20代から50代まで幅広く採用されています。若手の採用はもちろんですが、そうした若手を育成する担当者を採用するケースも非常に多くなっています。若手もベテランも活躍する機会が多いのも、この業界の特徴です。求人内容としては、ハウスメーカーなどの技術職や資格を持っている人が求められています。実際にこうした求人数は非常に伸びを見せています。転職中の人で資格のある人は、それをアピールすると良いでしょう。ベテラン層の活躍はあまりできないのではないかと危惧される向きもありますが、決してそのようなことはありません。そうした人も積極的に転職活動しましょう。

知っておくと良い情報

こうした業界においては、現在は有資格者が非常に優遇される傾向にあります。たとえば、施工管理の資格などは非常に顕著です。特に大手ホームセンターはこうした資格を有する人を積極的に採用しています。実は、施工管理職は非常に人手不足の状況なのです。人材ニーズは非常に高いにも関わらず人手が足りていないのです。特に、設備・電気系はそうです。電気主任技術者などの資格は、保有している人の数が非常に少ないために、各企業がもっとも欲しい人材のひとりです。転職者にとってニーズが高まっている時期です。資格を持っていない人は、いまから勉強して資格取得を目指すのもおすすめです。また、有資格者は転職活動を有利に進めることをお勧めします。ただ今ニーズは最高潮なので、チャンスと言えるでしょう。